WEPA Logo

アジア水環境パートナーシップ

Water Environment Partnership in Asia (WEPA)

トピックス

排水 

安全な水供給と適切な衛生施設へのアクセスは、持続可能な開発に向けた主要な課題として国際的に認識されており、また、貧困撲滅や社会的な衡平、ウェルビービーイングなどの社会的な課題とも密接に関係しています。持続可能な開発のための2030アジェンダでも、「水と衛生」は持続可能な開発目標(SDGs)のひとつとなっています(目標6「すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する」)。この目標6に水質の改善も目標のひとつとして取り上げられており、2030年までに未処理の排水の割合を半減し、水のリサイクルと安全な再利用を増加させることで、水質を改善することが盛り込まれています。

アジアでは、有機物による汚染や富栄養化が、特に人口が密集する都市部において、共通の水環境問題として認識されています。問題の深刻さは場所によって異なるものの、地域の人々のウェルビーイングに与える負の影響を及ぼしています。排水管理が水質汚濁対策上重要であるとの認識にたって、WEPAでは、各国のニーズ、状況、キャパシティ(能力)を考慮に入れつつ、生活部門及び産業部門から排出される排水管理の情報や知識の共有を促進するための活動を行っています。

  • パートナー国の水質基準

    パートナー国の水質環境基準、排水基準の情報を掲載しています。(最終更新日:2017年3月31日)

  • 生活排水情報サイト

    WEPAの会議で発表された生活排水に関するプレゼンテーションなどへのリンク情報(英語)

  • 産業排水情報サイト

    WEPAの会議で発表された産業排水に関するプレゼンテーションなどへのリンク情報(英語)

  • 畜産排水情報サイト

    WEPAの会議で発表された畜産排水に関するプレゼンテーションなどへのリンク情報(英語)

  • パートナー国の基準集

    パートナー国の水質に関する基準(環境規準、排水基準)を掲載しています(最終更新日:2017年3月)

ページ先頭へ